仕上げ磨きのポイント  

おはようございます、歯科衛生士の大山です晴れ

 

先日、1歳のお子様とそのお母様がお見えになりました。

虫歯がないかどうかのチェックと仕上げ磨きを嫌がるそうで、どうにかならないかとのご相談でした。

 

1歳で仕上げ磨きを嫌がらずにきちんとできるお子様はそんなに多くはありません。多くのお子様は、仕上げ磨きを嫌がります。うちの息子も同じでしたあせあせ(飛び散る汗)歯科衛生士である私は、なんとかできるようにならないかと、あれこれやりましたが、なかなかうまくいきませんたらーっ(汗)しかし、2歳を過ぎた今は、上手に仕上げ磨きをさせてくれます。1歳の頃からの習慣が息子にも身についてきているようですぴかぴか(新しい)

 

毎日、お父さんお母さんが歯磨きをしているのを子供はちゃんと見ています。親がやっている時に一緒にやるようにしたり、実際にやっているのを見せてあげたりするのもいいと思いますひらめきまた、2歳を過ぎると色々なことを理解できるようになるので、仕上げ磨きのお歌を歌ったり、歯磨きの絵本を一緒に見たりするのもいいのではないかと思いますわーい(嬉しい顔)

 

そうはいっても毎回きちんとできるわけではないので、できる範囲でしか磨けないときもあります。なかなか仕上げ磨きをさせてくれない時は暴れるなか、短時間で磨かなくてはいけなくなりますよねふらふらその様な時は、優先順位をつけて磨くと良いですexclamation

 

先日、来院された1歳の子は前歯しか生えていませんでした。この様な子の場合、子供がやらせてくれない時には上の前歯を優先して磨くと良いです。下の前歯より上の前歯の方が虫歯になりやすいからです。奥歯が生えている場合は奥歯も虫歯のリスクは高いので、上の前歯と奥歯を優先して磨きます。

 

また、毎日仕上げ磨きをさせてくれない様な場合には、日によって優先して磨く歯を変えていくのもポイントですexclamation例えば、昨日は奥歯を磨けなかったとしたら、今日は奥歯から磨くようにします。そして、しっかり仕上げ磨きができる時には、全部の歯をよく磨きましょう。

 

このように、歯磨きには色々なポイントがあります。私たちはお子様のお口の状態を見て、アドバイスができると思いますので、お一人で悩まず、ぜひお気軽にご連絡くださいるんるん

▲このページのトップに戻る