歯ブラシの持ち方

みなさん、おはようございます晴れ歯科衛生士の大山でするんるん

 

先日、歯磨きをしている時、我が家の3歳の息子に「ママ、それは赤ちゃんの持ち方だよexclamationお兄ちゃんはこうやって持つんだよexclamation」と言われましたあせあせ(飛び散る汗)何を言われているのかと思ったら、歯ブラシの持ち方が、ぐーで握っていたのをちゃんと鉛筆持ちにするようにと言ってくれていたのですがく〜(落胆した顔)

 

確かに、スプーンやフォークの持ち方は、赤ちゃんの時はぐーで握るように持ち、だんだんと大人と同じように鉛筆持ちになるのです。よく見ているなぁと感心してしまいましたぴかぴか(新しい)

 

実は、歯にとってもぐーで握って持つよりも鉛筆持ちで歯ブラシを持った方が良いことが多いのですexclamation特に、歯ブラシの毛先がすぐに開いてしまうような方は磨く時に力が入りやすいので鉛筆持ちにされたほうが良いです。ぐーで握って持つよりも鉛筆持ちのほうが力が入りにくく、なおかつ細かいところを磨くにはコントロールしやすいと思います。

 

ちなみに私は、ガシガシと力いっぱい磨いてしまうことが多く、家族で同じタイミングで新しい歯ブラシに変えても、私だけが毛先が開いてきてしまいますもうやだ〜(悲しい顔)私のように歯ブラシの毛先が開いてしまう方は、知覚過敏にも要注意ですあせあせ(飛び散る汗)必要以上に力が入ってしまい知らず知らずのうちに歯ブラシで歯を削ってしまい、そこから知覚過敏になってしまうことがあります。 持ち方は癖なので、意識しないとなかなか直らないです。私もわかっているのに、つい握るようにして持ってしまっていますふらふらみなさんも気をつけてみてくださいねるんるん

▲このページのトップに戻る