歯石

こんにちは。歯科医師の大川です。

灼熱の暑さが続いていますが、皆様体調は如何ですか?

 

今回は特別養護老人ホームの新患者さんの話です。

昭和6年生まれのおばあ様ですが、とても多くの歯が残っています。

一見、頬側からは問題無いように見えるのですが、口が大きく開かないからか全く磨けておりません。

その為、舌側には歯が見えないほど多くの歯石が付着していました。

CIMG1334.jpg

ここまでたくさん付いていると、どれだけ塊で取れるか挑戦したくなってしまいます。

CIMG1336.JPG

職業病ですかね。わーい(嬉しい顔)

歯石は表面がざらざらしていますので、口腔内の細菌をたくさん付着させます。

それが歯周病や虫歯のリスクをあげます。皆さんはこんなに付く前に取り除くようにして下さいね。

この方は口をなかなか開けてもらえず、開口幅も小さいため、

今後除石に苦労しそうですが、ふらふら今後、しっかり取ってあげたいと思います。

▲このページのトップに戻る