オイルプリング

おはようございます。歯科衛生士の早川です。

寒さが厳しくなり、空気も乾燥し、風邪やインフルエンザが流行しております。免疫力が下がらないよう充分な休息は必要ですね。

PMTCクリーニングに長く通われている患者さんは、健康への意識が高い方が多いです。PMTCを通して沢山いろんなことを教えて頂いております。

そんな患者さんより最近教えてもらった事をご紹介します。

 皆様、「オイルプリング」を知っていますか? オイルプリングとは、インドの伝統医学・アーユルヴェーダの中の自然療法を起源とする「オイルで口をすすぐ」健康法のことです。プリング(pulling)には「引きはがす、引っ張り出す」という意味があります。植物性オイル(ココナッツオイルやオリーブオイルなど)を大さじ一杯分、お口の中に含んで15〜20分ブクフグして吐き出すだけで、口臭予防や歯の黄ばみが取れたり、ほうれい線が消えたりするらしいとの事。そして教えてくれた患者さんはいま実践中との事でした。

元々歯周病や口臭はない患者さんですが、いつもより歯に艶があるように感じました。そしてPMTCでプラークを落としていくのですが、艶があるのでいつもより落としやすさを私は感じました。家にあるお料理で使うオリーブオイル(エキストラバージンオイル)で試してみました。はじめは少しオイルを口の中に入れた不快感がありましたが、唾液に混ざってくると変な感じはなくなりました。 調べてみると医学的・化学的なエビデンスはないようですが、植物性オイルを使うだけなので口腔内にダメージもなさそうです。寧ろ15〜20分もの間ブクフグしていて唾液が沢山分泌される効果、口輪筋は間違いなく鍛えられるので最近気になっているほうれい線も消えてくれたら嬉しいです。 どんな方でも気になる口臭の大きな原因は歯周病と言われています。オイルプリングに頼るのではなく、まずは適切な歯周病の治療、そして歯磨き、PMTCなどのメインテナンスをしっかり行うことが重要です。

▲このページのトップに戻る