歯周病

こんにちは、歯科衛生士の大山です晴れ

暖かくなってきましたが、朝晩はまだ肌寒いですねかわいい寒暖差が大きいので風邪をひかれてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。


私は先日、鼻風邪をひいてしまい、毎日鼻がズルズルでしたもうやだ〜(悲しい顔) 風邪だしそのうち治るかなぁ、と気軽に考えていましたが、なかなか治らずあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)耳鼻科を受診したところ蓄膿症になってしまっていましたがく〜(落胆した顔)今は通院し、だいぶ治ってきていますわーい(嬉しい顔)自己判断で放置してしまうとこのようなこともあるんだなぁと反省してますふらふら


歯科でも、気をつけなくてはいけない病気があります。


 それは歯周病ですexclamation 


歯周病は、患者さん自身が自分で自覚しにくい病気です。虫歯は多くの場合、痛みを伴うので「これはマズイなあせあせ(飛び散る汗)そろそろ歯医者へ行かなきゃexclamation」と患者さんが自覚するような症状が出ることが多いです。


しかし、歯周病は自覚症状があまりなく、気がつかないうちに進行してしまう怖い病気です。自覚症状といっても「歯茎から出血する」や「なんとなく噛みにくい」といった、わかりにくいものです。しかも、日々少しずつ進行しているので、噛みにくいはずなのに、そのことすら気にならなかったり、歯茎からの出血も当たり前のことだと思ってしまう方が多いです。 


 でもこの歯周病、成人の8割がかかっている病気なのですexclamationexclamation「私は大丈夫!」と思っていても、すでに歯周病にかかっているかもしれません。 自覚症状が出にくい分、気がつきにくく、受診が遅くなることも歯周病にかかっている方が多い理由の1つだと思います。 


みなさん、自分で気がついていなくても1度チェックにいらしてください。歯科医院で私たちがきちんと検査していきますexclamation


では皆さん、素敵な連休をお過ごしくださいるんるん

▲このページのトップに戻る