休日診療 

こんにちは、歯科衛生士の笠原ですわーい(嬉しい顔)

いよいよ新たに『令和』の時代が始まりましたね。今年は2度新年を迎えるような不思議な気持ちで5月を迎えました。

また、家族でどのように過ごそうか頭を悩ませるほど、長いGWもありました。

我が家では温泉旅行、帰省、映画鑑賞、動物園、コンビニのスタンプラリー参加(敢えて徒歩)や自転車で行ったことのない公園めぐり…など、10日間あった休日をいかに子供達を飽きさせることなく過ごすか趣向を凝らし、なんとか楽しみながら過ごすことが出来ました。

そんな大型連休中に、なんと5歳の娘の目が腫れてしまったのです。

拡大.JPG前日しきりに右目が痛いと言っていたので、まさか…とは思っていましたが、予感的中!

翌朝起床した娘の目は一目で腫れているとわかるほどになってしまいましたふらふら

祝日ではさすがに眼科は開いておらず、念のためかかりつけの小児科を調べると…開いていましたexclamation×2

しかも調べたその日から休日を返上し、午前診療のみ行っていたのです。

早速予約をし(予約制でした)受診して目薬を処方してもらい、治すことが出来ましたるんるん

子供の急な発熱は何度も経験していたので薬も事前に用意していましたが、目の病気までは想定外でしたので、とても助かりました。

実は連休に入る数週間前にも10歳の娘が手の指を骨折し、日曜診療している整形外科にお世話になったばかりでしたので、休日診療の有難さを本当に感じました。

そんなハプニングもありましたが、子供達にも「今回のお休みは色んな事が出来て楽しかったグッド(上向き矢印)」と言ってもらえ、なんとか10日間を過ごすことが出来ましたexclamation

みなさんは、どのようにお休みを過ごされましたか?

▲このページのトップに戻る