リスクの把握が大切!

こんにちは!
歯科衛生士の松尾ですかわいい

ようやく花粉の勢力が治まってきて、のびのびと外で過ごせるようになりました黒ハート
わたしはアレルギー検査をしていない為、何にアレルギーを持っているのか分かっていません。
漠然と、毎年症状の出る時期からスギやヒノキの花粉かなと推測している状況ですがく〜(落胆した顔)
本当は検査をして、しっかりとその時期に向けて予防と対策を行うことが大切だよな、と分かっているのですが……。 
よく「検査をしても治らないから……」という意見も聞きますが、
自分がどのような状態なのかを理解することはとても大切ですexclamation
自分自身のリスクを把握することが対策には欠かせません手(グー)

もちろんそれは、花粉のことだけではありませんがく〜(落胆した顔)

虫歯や歯周病に関しても、それぞれどんなリスクを持っているのかを知ることが大切なのです。

甘いものを食べると虫歯になる、とはいいますが、虫歯の原因は甘いものだけではありませんexclamation×2
家族でも虫歯の数が違うように、一人ひとりの虫歯や歯周病のリスクは違います。
それを正しく知ることで、どのような対策が必要なのかがわかるのですぴかぴか(新しい) 
そうすればお口の中をもっと健康に保てますぴかぴか(新しい)

虫歯や歯周病のなりやすさの検査は、当院でももちろん行っています。
唾液検査やカリエスリスクテスト(CRT)と呼んでいます。 
カリエスというのが虫歯のことなので、虫歯リスクのテスト、という意味ですねexclamation

治療の最中であっても、定期的にクリーニングに来ていただいている方でも受けられる検査です。
また、過去に受けたことがあっても、今検査を受けると結果が変わっていたということもあります。

みなさんも虫歯のなりやすさの検査を受けて、ご自分のリスクをしりましょうわーい(嬉しい顔) 

▲このページのトップに戻る