こんな時は

 

こんにちは。歯科衛生士の太田です。
5月もあっという間に終わりますね。今後はしばらく祝日がないので、夏休みを楽しみに頑張って働きましょう。
先日受付の鈴木と遊びに行ってきました。私たちが出かけると、とにかく食べて、飲んで過ごしていました。
みなさん、外出時の歯磨きってどうしていますか?
お手洗いで磨いてくださる方もいらっしゃると思います。でも、なかなか外出先で歯磨きをするのって難しいですよね。
そんな時はキシリトールを活用しましょう。今回、私たちもキシリトールをしっかり活用しました。
きし.jpg
キシリトールはむし歯の原因にならないのです。キシリトールは口の中で「酸」をまったく作りません。さらに酸の中和を促進する働きも持っています。唾液も出やすくなるなど、口中をむし歯になりにくい状態に保ってくれます。
また、むし歯の発生、進行を防ぐという効果もあります。むし歯の原因となるプラークをつきにくくし、歯の再石灰化を促します。さらにキシリトールは、むし歯の大きな原因とされる原因菌(ミュータンス菌)の活動を弱める働きを持っています。このむし歯原因菌への働きは、他の甘味料にはみられないキシリトールだけの効果です。
みなさん、外出時に歯が磨けない時はキシリトールを是非、活用しましょう。ただし、キシリトールを食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがあるのでご注意ください。


▲このページのトップに戻る