砂糖のお話

12月に入り、寒さが本格的になってまいりました。皆様体調は崩されていませんか?

当院では待合室にクリスマスツリーが飾られていますひらめきクリスマスが近いとケーキなど美味しいものをたくさん食べたくなりますが、甘いものを食べると虫歯になるという不安が強い方が多いと思います。。。

 

ですが、虫歯になりにくい甘味料がありますexclamation

その中でも有名なのはキシリトールです。キシリトールは天然素材の甘味料で、白樺や樫を原料に作られています。砂糖と比べて、カロリーは25%も低く、糖度は変わりません喫茶店

溶ける時に熱を吸収するので、独特の清涼感があります。

砂糖の場合は糖を餌にミュータンス菌が酸を作り、その酸によって歯が溶かされていきます。

ところが、キシリトールの場合は、酸が発生しないのです。

また、ミュータンス菌がキシリトールを体内に取り込むことで、エネルギーを消耗して活性が弱まり菌の数も徐々に少なくなっていきますバッド(下向き矢印)

 

砂糖は虫歯になりやすい甘味料ですが、脳が働くために必要だったりもします。

全てを虫歯になりにくい甘味料に変えるのは難しいと思いますので、おやつを選ぶ際にはキシリトールが入っているものにしてみると良いと思います。

 

参考にしてみてください!

 

たくさん美味しいものを食べて、楽しい年末を過ごしてくださいねプレゼント

▲このページのトップに戻る