安全なマスク

こんにちは、歯科衛生士の笠原ですわーい(嬉しい顔)

日中は少しずつ日差しが強まってきました晴れ。コロナ対策で今やマスクは日常に欠かせませんが、付けているのが鬱陶しく感じるようになってきましたね。

しかしながら、まだ油断できない状況は続いていますexclamation

手洗いやうがい、外出時にはマスクを付け、ひとりひとりの気遣いで日常を取り戻せるように協力し合う必要があるなと感じています。

マスクといえば、最近では漸くドラッグストアなどのお店でも見かけるようになりました。不識布マスクだけでなく、ガーゼタイプなどの洗えるタイプも多く目にし               ます。

スタッフにも数名おりますが、手作りマスクも今やお洒落に様々な柄や形のものを身につけている方も、街中でよく見かけます。

私は…ふらふらあまり裁縫が得意ではないので、ひたすら数枚入りの(7枚入りが多い)マスクを少しずつ買いつつ保たせている状況です。

ところで皆さん、マスクにも日本独自の基準があるのをご存知ですか? 


0F9B6986-A9D9-4A1D-8D99-F9309808534C.gif『全国マスク工業会・会員マーク』というマークがその印です。

このマークは、工業会が定めた衛生基準を守って製造されたマスクという証拠だそうです。



そんなマークがあるのかと思い、家にある数種類のマスクを調べB8923A1A-7779-4576-9A19-9C571771A0B3.jpegてみたところ、製造元には関係なく、確かにそのマークが付いたものと無いものがありましたexclamation×2

たかがマスクですが、きちんと検査を通ったマスクを見つけて、より安心な日常に繋げていきたいなと感じました。



▲このページのトップに戻る