〒104-0044 東京都中央区明石町8-1 聖路加ガーデン内 セントルークスタワー1階
<銀座・築地・新富町・月島の近く>

ご予約・お問合せはこちらへ

03-3541-8110

PMTC歯のクリーニングなら、最先端のスウェーデン式予防歯科を導入し、
20年の経験と3万件以上のPMTC実績のある歯科
「馬見塚デンタルクリニック」へおまかせください。

〒104-0044 東京都中央区明石町8-1
聖路加ガーデン内 セントルークスタワー1階
<銀座・築地・新富町・月島の近く>

こんにちは、歯科衛生士の遠藤です

早いもので馬見塚デンタルクリニックで働き始めてから6ヶ月が経ちました!

学ぶことが多く毎日大変ですが、充実した日々を送っています

当院では、患者さんのマウスピースを歯科医師や歯科衛生士が作製しています。

私は今まで作製したことがなかったので先輩から指導を受けながら作製しています。

マウスピースと言いますとボクシング選手が装着するような分厚いものを想像しがちですが、院内で作製して患者さんに装着して頂いているものは厚さ1㎜程度の物です。

歯ぎしりや食いしばりで歯がすり減ったり、歯に負担がかかったりするのを和らげるために、主に就寝時に装着して頂いています。

前に勤めていた医院では、ジムでの運動時に装着されている男性の患者さんもいらっしゃいました。

歯ぎしりは就寝時なのでなかなか気付けないですが、食いしばりは起きている時にも無意識にやってしまうことがあるので気付くことができます。

仕事中や考え事をしている時、上の歯と下の歯がくっついていることありませんか?

このブログを呼んでいらっしゃる今その時、いかがですか?

上の歯と下の歯は、常にほんの少し離れている状態が普通なのです。

もしくっついていたら、離してみましょう

就寝時に、歯ぎしりしてるのか分からない...という方は、一度作製してもらって装着してみるのをお勧めします。

マウスピースに傷が出来てきたら、歯ぎしりや食いしばりをしている証拠です

食いしばりや歯ぎしりを放っておくと歯がすり減って凍みる症状がでたり、歯が割れてしまって抜かなければいけなくなったりすることが起こります。

恐ろしいですね

そうなってしまう前に、是非確認してみて下さい

そして、歯科医院も利用して頂いて一本でも多くの歯を一緒に守っていきましょう

この機会に、私もマウスピースを作製して使ってみようと思います

IMG_3170.JPG


こんにちは歯科医師の川崎です。

 我が家の娘も6ヶ月半になり、離乳食を始めました。

 離乳食の開始時期は、固形物を口に入れると口の外へ排除しようとする舌の反射(舌挺出反射)が消失する5ヶ月頃と言われていますが、最近はアレルギーが起きないように遅くなっていると聞きました

 うちの娘は僕たちの食事を食べたそうにもぐもぐしながら見ているので、6ヶ月頃から10倍粥を始めました。最近はほうれん草や人参、かぼちゃ、豆腐などをペースト状にし食べさせ、色々な食べ物に挑戦中です

 はじめの5、6ヶ月の時期は食べ物に慣れさせる時期で、汁状、ペースト状のものを飲み込んでいきます。その後は粒状から一口大に形を変えていくと、徐々に口の動かし方、舌の使い方を覚え、すりつぶす事が出来るようになります。そして、1歳を超えると飲み込み(嚥下)の仕方も大人と同じになっていきます

 先日、保育園の給食体験に参加し、段階に合わせた離乳食を教わりました。形状も大事ですが、もう一つ大事なのが味付けです

乳児は腎臓の機能が未発達なので、塩分を控える必要があり、素材の味程度で調理する必要があるそうです。味付けにはだしをうまく使うと、塩分を入れなくてもうまみがでて良いみたいですよ

 この時期にだしの味を覚えさせる事は大人になってからの健康にも良いと言われていますなぜかというと、砂糖や脂肪には美味しいと感じ、もっと食べたいという中毒性がありますこれが生活習慣病を悪化させていたり、虫歯を増やしたりしていますだしにも美味しいと感じ、中毒性があるという事が最近分かってきて、子どもの時にだしの美味しさを分かるようになると虫歯予防や生活習慣病の予防に繋がっていくと考えられています

 健康のためにも歯のためにも離乳食などの子どもの時の食習慣が大事だと感じ、食育にも興味を持つことが出来、今後の臨床に活かしていきたいなと思いました

おはようございます歯科衛生士の岡です。

今年もあと1ヶ月ですねついこの間まで夏だったような気がしています。

急に寒くなってきたので手袋を出したのですが、思えば入社前からこの手袋を使っているので、もう10年以上も私は同じ手袋を使っているのです

当時の私にとっては凄く高かったのですが、毎日使うものだから使いやすく、また質の良いものと思って店員さんに選んでもらったように記憶しています。皮の質感もとっても気に入っています。

自分にあったものを選んでもらったことで今も使い続けられていて、本当に良かったと思っています。

歯ブラシも毎日使うものですが、みなさんはどのような歯ブラシを使っていますか?また歯ブラシ以外の衛生用品は使ってますか?

毎日使う歯ブラシだからこそ、自分にあったものを選ぶことが大切だと思います。

先日、患者さんに今使っている歯ブラシをお持ち頂いたら、とっても大きなヘッドの歯ブラシでビックリしました。

こんなに大きな歯ブラシで磨けるのかと、磨き残しを赤く染めてみると…

テペ写真.JPG

真っ赤っ赤でした

当院でお勧めしているTepe(歯ブラシ)を使ってもらうと、みるみるうちに汚れはとれていきました

患者さんもこんなに汚れがとれるのかと驚かれていました。

Tepeは本当に優れもので、一度使うと病み付きになります。

みなさんも是非一度使ってみて下さい。また、ご自身にあった衛生用品を担当の歯科衛生士とに選んでもらってはいかがでしょうか?

こんにちは。受付の平岡です。

最近、小学6年の弟が、なかなか歯磨きをしてくれなくなりました

習い事を掛け持ちしていることもあり、帰りが遅く、食事をした後はそのまま眠っていることもしばしば…

「歯を磨いてから寝なさい!!」と家族みんなに注意されていますが、歯磨きを面倒くさがってしまい、なかなかうまくいきません。

そこで「今日はこれを使ってみる?」と私が使っていた歯磨き粉をプレゼントしました。

当院で販売しているチェックアップの子供用歯磨き粉です。

すると、味が気に入ったのか、自分から歯磨きをする回数が増えました

味が3種類あるため、「次はアップルがいいなぁ」と次の歯磨き粉の味も考えているようです。

今後の彼の歯磨きタイムが楽しくなるように、少しでもお手伝いができたらと思っています。

皆さんも、衛生用品をうまく使って、日々の歯磨きを楽しいものにしてみてください♪

当院でも様々な衛生用品を販売していますので、何かありましたらお気軽にお声掛けくださいね。

こんにちは。

歯科衛生士の我妻です。

中学1年生の娘が、部分矯正を始めました。

奥歯の噛み合わせが悪く本人が気にしていたので先生に診てもらうと、このまま放置しておくと顎関節症になる可能性が高いので早めに治療を始めたほうがいいとの診断でした。

第二大臼歯といわれる一番奥の歯に装置をつけ、小さなゴムを自分でかけることで歯を動かすという治療です。

「自分で」というのが治療の難しいところです。

最初のうちはちゃんとやっていましたが、日が経つにつれやらなくなってきました。

部活、習い事、勉強でやることが多く、気づくと寝てしまっていたり、疲れている時にはゴムをつけずに寝てしまっています。

中学生にもなると、親の言うとおりには動きません。

本人が自覚をもって取り組めるように、どんな言葉をかけようかと日々苦戦しております

みなさんの日々の歯磨きも同じではないでしょうか?

毎日のことで分かっているけれど疲れていたり、面倒だったり、後回しにできてしまうことが難しいところですね。

虫歯や歯周病は予防ができる病気です。

日々の歯磨きの積み重ねが、必ず健康なお口につながります

さあ、今日はがんばってみませんか?

みなさん、こんにちは。歯科衛生士の松田です。

だんだんと寒くなり、冬が近づいてきましたね

体調を崩しやすい季節なので、みなさんもお身体には気をつけて下さい

先日、秋葉原で行われた就職フェアーに参加させて頂きました。

当院のブースにもたくさんの就職活動をしている方が来て下さり、1人1人の方と長い時間を取り、お話しすることができました

今まで何度か歯科衛生士学校で就職の話をさせて頂く機会があり、就職活動中の学生さんとはお話しすることはありましたが、今回のフェアーでは現在働いている歯科衛生士の方ともお話しすることができました。

学生さんだけでなく幅広い経験年数の方と話せる機会はなかなかないので、たくさんの方とお話しすることが出来て、本当に重要な体験になりました

s-DSCF6393.jpg

こんにちは。歯科医師の田原です。
寒くなってきましたが、みなさんはお風邪など引かずにお過ごしでしょうか。

先日、出産のために退職した歯科衛生士の大山さんのお宅へ遊びに行ってきました。
大山さんは予定日ぴったりの11月5日に元気な男の子を出産


お邪魔した時もママ・赤ちゃん共に健康で、一生懸命ミルクを飲んでいました。
赤ちゃんは顔も手も足も全てが小さくて、何しろ可愛い!
思わず時間を忘れて見つめてしまいました
これからミルクをいっぱい飲んで、いっぱい寝て、元気に大きくなってね。

そしてもう少し大きくなった時に、お口の検診を私ができたら嬉しいなぁなんて夢を膨らませてしまいました。
大山さん、また遊びにいきますね〜

おはようございます、受付の千原です

気づけば今年もあと1ヶ月ですね。本当に1年があっという間に過ぎてしまうので1日1日を楽しく過ごしたいなぁと思います

先日歯磨きをしていたらブラシの先が広がっていることに気づき、新しい歯ブラシに変えました。1ヶ月ごとに新しい歯ブラシに変えると良いと言われているのですが全然気にしていなかったな〜とちょっと反省しました

新しい歯ブラシに変えてから歯磨きをしたら、毛先が広がってしまっているものよりちゃんと磨けてお口の中がさっぱり

やっぱりきちんとした状態の歯ブラシで歯磨きすることは大事だなっと思いました!

毛先がすぐ広がってしまう方はブラッシングする力が強いのかもしれません。

1ヶ月ごとに歯ブラシの状態をチェックしてみるといいかもしれませんね!

私も1ヶ月後、今使っている歯ブラシの毛先がどのような状態になっているか気にしてみようと思います

images 2.jpeg

こんにちは。歯科衛生士の前原です。

とうとう11/30(日)のPMTC講座まで1週間を切りました。

参加者もだいぶ集まってきています

実は私、今回の講座で院長、歯科衛生士の一之瀬とともに演者をやらせて頂く予定です。

初めての演者で、とても不安でいっぱいですが、みんなに協力してもらいながら頑張っています!

このブログを読んで下さっているみなさんは、PMTCを実際に受けて頂いている方も多いと思います。

ですが、そもそもPMTCってどういう効果があったのかな?など忘れてしまっている事もあるのではないでしょうか。

聞いて頂いて損する内容ではありませんので、この機会にぜひ、もう一度再確認してみて下さい

申し込みページはこちら

こんにちは、歯科医師の田村です。

先日、予防接種についての講演を聞く機会がありました。

その講演を聞いて、予防接種の種類や回数の多さ、かかる費用の大きさ、そしてその効果について驚きました。

かかる費用は莫大で行政の補助がないと大変な負担だと思いました。実際に日本以外の国では国の補助がなく、個人負担の費用が高いため予防接種を受けないことも多いそうです。

予防接種の効果にも驚きました。特に、インフルエンザ予防接種はインフルエンザにならないようにするのではなく、なった際に症状を軽減させるためのものだそうです。

理由は、インフルエンザに感染しないようにする事が難しいからなのだそうです。まず、インフルエンザウィルスは咳やくしゃみで空気中に飛び散って感染する場合とウィルスがついている手で触れた所を触って感染する場合があるのだそうです。この2つの感染経路を予防することは現実的に無理なのだそうです。そのため、予防接種によって免疫機能を高めておいてかかっても重症にならないようにしているのだそうです。

この事から、予防接種はきちんと受けた方が良いと再認識しました。

皆さんも注射は嫌だとは思いますが、快適な冬の生活のためにも受けて下さいね。

こんにちは。サプライの菅野です。

日増しに寒さが身にしみるようになりましたね。

冬はもうすぐそこまで来ているようです。皆さん、お元気ですか。

我が家の大学2年生の息子は天体観測のクラブに入っているのですが、車で地方へ行き夜通し星の観察を楽しんでいます。

高校3年生の息子はセンター試験まで2か月を切りました。

最後まで気合いを入れ頑張って欲しいです。

先日インドネシア人の友達が、仕事でアメリカのラスベガスへ行ったついでに日本へ遊びに来ました。

お土産を探していた所、当院の受付で販売している歯ブラシ3本にキシリトールガムとタブレットがセットになった可愛いのを見つけました。

この歯ブラシは、柄のところが持ちやすくなっていてとても使いやすいのです。

そして動物のカワイイ絵柄の物もありカラフルで、ちょっとしたプレゼントには最適だと思います。

ちょっと気になる方は、是非覗いてみて下さい。

こんにちは。歯科衛生士の矢須です。

先日、小学1年生の娘の矯正資料取りを行いました。

どのお子さんでも上下前歯が生え変わったら、歯並びのチェックの時期になります。

私の娘の場合は、学校からの検診用紙に虫歯だけでなく、歯並びの所にチェックがあったので診てもらうには良い時期だと思い、資料取りを予約しました。

上の歯は今の所順調に生えていますが、下の歯はすでに重なって生えています

乳歯列の頃から顎が小さかったので矯正が必要かもしれないとは思っていました

まだ、先生と話をしていないので詳しい事は分かりませんが、大人になってから歯を抜いて矯正するより、子供の頃から歯を抜かずに顎の成長を促す方法で矯正できれば、その方が良いなあ〜と思っています

お子さんだけでなく歯並びや噛み合わせが気になり、矯正を考えている方は是非ご相談ください。

歯科医師の大川です。

先日、季節の変わり目に不覚にも風邪を引き、喉が腫れ、痛くなりました。

含嗽やら、風邪薬やらで喉の痛みは数日で改善しましたが、近年、なぜか風邪の後は咳が出るようになりました。

咳は一度出るとなかなか収まらないため、含嗽をしたり、時にはガム、飴をなめて対処をしていました。

その中で人生初の事件は起きました(^^)

私が飴をなめていた際、突如咳が出たためか、息をした瞬間に私はその飴を喉に落としてしまいました。

幸い喉頭蓋付近で止まり、私は落ち着いて飲み込むことが出来ました。

最近、季節の変わり目で、一気に風邪を引いたと言う方が増えたとニュースでやっていました。

私みたいにならないよう皆さんも気をつけて下さいね。

因みに、誤って物を喉を詰まらせた場合、世界共通で首に手を持って行く仕草をします(窒息のサイン)。

そのような合図があった場合、119の通報をした後、まずは本人に咳をさせます。

咳が弱くなったり、出来なくなった場合、腹部突き上げ法(傷病者の背後に回り、握りこぶしを作り親指側を傷病者のみぞおちより下に置き、もう一方の手を握りこぶしの上に沿え素早く上方に圧迫するように押し上げます)、または、背部叩打法(手の付け根で肩甲骨の間を力強く上方に押し上げるようにして叩く)を用いて対処をします。

乳児や妊婦にはそれぞれ注意点や方法が異なります。

言葉では分かりにくいかと思います。スタッフに聞くなり、もしくは東京消防庁のHPや一般市民向け応急手当web講習()を見てみて下さい。http://www.city.saijo.ehime.jp/e-learning/index.html

とても分かりやすく、私も改めて学ぶことが出来ました。

是非、利用してみて下さい。

おはようございます。歯科衛生士の太田です。

先日3才になる甥っ子の元に3歳児歯科検診のお知らせが届きました。

甥っ子が歯科医院にいったのは1歳半のときが最後です。その時は、泣く・叫ぶ・暴れる…。本当に大変でした。その後甥っ子のお口の中は、自宅で仕上げ磨きをした際にチェックをしていました。先日も全ての乳歯が揃ったのを確認し、虫歯がなくて良かったと安心しました。ただ、自宅でのチェックだけでは心配です。

この検診を機に定期的に歯科医院を利用し、フッ素塗布をしてもらおうと思います。

皆さん、最後に歯科医院に行ったのはいつですか

しばらく行っていない方は、是非検診に行きましょう

おはようございます。

歯科衛生士の早川です。秋も深まってきて、朝晩冷え込んできました。

空気も乾燥しますので、風邪を引かないように喉のケアに気をつけたいものですね。

今日は、PMTCでご来院されている親子の患者様をご紹介します。

歯磨きするのも嫌いだった4歳の女の子ですが、当医院の健康歯考講座「親子で虫歯予防」に参加したことがきっかけで、やめられなかった指しゃぶりも卒業し、お口の中に興味を持つようになったそうです。それから当院に通うようになり、自ら進んで歯磨きをするようになったとのことです。

最近では週末にはお母様と一緒に、歯を赤く染め出してきちんと磨けているかチェックしているようです。いまでは歯磨きが好きになり、「毎日赤く染めようよ〜」と言ってきてちょっと困ってるんです…とお母様が嬉しそうに報告してくれました。

なかなか自宅での子供の歯磨きが思うようできず悩まれている方が多いので、他の患者さまにも参考になるお話を伺いました。

「ちゃんと歯を磨きなさい!」と言ってもダメな時、「一緒に歯磨きしない?」とお子様に声をかけてみてはいかがでしょうか

こんにちは、受付渡辺です。

今朝は、霧がすごかったですね!私の地元では前がみえないくらいでした。

みなさんのお住まいの地域ではいかがでしたか?


私達はみなさんに、「治療ではなく、予防の為に歯科医院に通ってほしい」という思いから、このようなブログや健康歯考講座というものを行っております。

なんでも、病気はかかる前が肝心!かからないように注意するよりも、かかって治すほうが何倍も辛いしお金もかかります。


…なーんて言っておきながら、実は私、風邪をひいてしまいました

仕事をお休みするほどになるとは思わず、色々な意味でぐったり…です。


このように、普段気をつけているつもりでも、自分の力だけではどうにもならないことってありますよね。

そういう時に、心配事や自分の今の状況を相談できるお医者さんがいると安心です。


私達は、そういう歯科医院になれればいいなと思って日々仕事をしています。

普段の診療はもちろん、日曜日などに行われる「健康歯考講座」もその気持ちの一環です。

診療室とはまた違った、先生、歯科衛生士さん、そして私達受付の顔を見にきて下さると嬉しいです


次の講座は11/30(日)に当医院のあるビルの28階会議室で行われます。

内容は、歯周病について、また予防について。

まだ若干のお席の余裕がございますので、みなさん是非お申し込みください

お申し込みはこちら

 みなさんこんにちは。

歯科衛生士の一之瀬です。

 今回のブログではちょっと嬉しいことがありましたのでご報告させて頂きます

先日、大阪在住の歯科衛生士である友人が来院しました。彼女は私よりも先輩歯科衛生士で様々な歯科医院へスタッフ教育などをおこなうフリーランスとして活躍しています。

当医院への来院目的は『PMTCを受けたい』というものでした。

 まずは後輩歯科衛生士が問診をとり、その後に私がPMTCをおこないました。

同業者に施術するというのはとっても緊張します

無事にPMTCを終えると『歯に当たる器具の感触がやわらかいね。気持ちよかったよ。』と言ってくれました。

とっても嬉しかったです

 ですが、もっと嬉しいことがあったのです。

彼女は問診をとった後輩歯科衛生士のことを『身だしなみが整っていて清潔感があるし、感じがいいね』と言ってくれました。

彼女が入社してからとっても頑張ってきているのを見てきたので『努力が報われたなぁ〜』と本当に嬉しかったです。

 このような言葉は私達のパワーの源になります。

ですが、お褒めの言葉だけでなく何かお気づきのことがありましたらいつでもご遠慮なくお声をかけてくださいね。それは私達が成長するためにはとても大切なことです。

これからも日々精進するように頑張ります

おはようございます。歯科衛生士の岡です。

写真2.JPG

10月は歯科では講習会シーズンで、私たちは、ほぼ毎週のように講習会に参加していました

写真3.JPG

休みなく講習会に参加するのは大変ですが、海外からいらっしゃる先生の貴重なお話を聞けたり、改めて基本に戻った勉強ができたり、色々な方との出会いがあったりととても有意義な時間を過ごす事ができました。

横浜で行われたワールドデンタルショーでは、講師の先生、歯科衛生士を始め歯科衛生士暦20年のベテランの方々と一緒にお食事をさせて頂きました

みなさん本当に勉強熱心な方ばかりで話についていくので精一杯でしたが、そのような方と一緒に時間を過ごしたことで歯科衛生士の魅力をさらに感じることができ、今後もがんばろう!という気持ちになりました

さて、当院主催の健康歯考講座ですが年内最後の開催となります。今回のテーマは「歯周病」です。

歯周病という病気はみなさん聞いた事はあると思いますが、歯周病がどのような病気でどんな症状があるのかご存知でしょうか?おそらく殆どの方が詳しくはご存知ではないのでしょうか?

現に日本人の成人の8割が歯周病だというデータがでています

歯周病についての知識を深め、予防していけたらと思っています。

定員までまだ空きがございますので、ご興味のあるかたは是非お申込み下さい

健康歯考講座の詳しい内容はこちらです。

こんにちは!歯科衛生士の遠藤です。

我が家では、犬は飼っていないのですが年に3〜4回程知人の飼い犬を預かる機会があります。

犬種はトイプードルの毛色は薄いベージュで、今回はその犬の歯の話をしたいと思います。

つい最近の話になるのですが、実は歯を13本程抜かれてしまったのです…

もちろん、動物病院にてです。

なぜそんなことになってしまったかというと、歯周病になってしまったからです

えっ、犬も歯周病になるの…?と思われる方も多いでしょう。

犬も猫も歯周病になるのです!

原因はというと、

①歯ブラシが大嫌い

②口臭がして歯石も付いているのに、麻酔をするのが心配で獣医さんに歯石を取ってもらわなかった

だと思われます。

人間も犬も、歯周病になる原因は同じなんですね。

犬は飼い主の責任ですが、人間は自分自身の責任でお口の健康を保っていかなくてはなりません。

飼い主さんは犬が歯を抜かれた後に、もっと早く獣医さんに診てもらえば良かったと言っていました。

何事も、なってしまってからでは遅いという事ですね。

「そういえば…最近診てもらってない」なんて思った方、今からでも遅くありません。

愛犬家の方もそうでない方も、歯医者さんで歯周病の検査を受けてもらってみてはいかがでしょうか?

歯を抜かれたこの子は今はもうすっかり、あんなに嫌がっていた歯磨きを大人しくしてもらっているそうですよ

IMG_2649.JPG

こんにちは歯科医師の川崎です。

我が家には5ヶ月半の娘がおります2ヶ月くらいから指しゃぶりを始め、3ヶ月頃には手をグーにして口に入れだし、最近は足を高く挙げる事が出来るようになり、足の指しゃぶりをするようになりました。

足の指しゃぶりって初めて見たので、普通にする事なのかなと思い、いろいろと聞いたり、調べてみました。実際、よくある事みたいですね

これは吸綴反射という口に触れたものを何でも吸うという本能的な機能から起こるもので、指や手、足などを吸って認識していくという成長の証でもあるそうです。

また、眠くなっているサインの一つであったり、寂しさを紛らわす精神安定剤の役割をしていて、安らぎを得るために癖として残っていくと言われています

なので、3歳くらいまでの指しゃぶりは本能的な欲求のなごりなので、神経質にならずに、好きなだけやらせて大丈夫です

それ以上続くと出っ歯や開咬(上下の前歯が噛み合ない)などの歯並びの異常や顎の発育に影響したり、舌たらずな話し方になる事もあるので、原因を考えて対策が必要になってきます

心配や不安な事がありましたら、いつでも当院へご相談ください。

お問合せ・ご予約はこちらへ

tel_155.jpg

わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

03-3541-8110
  • 本当に虫歯や歯周病が防げるんですか?
  • 費用はいくらかかりますか?
  • 別の歯医者さんで治療中なんですが、大丈夫ですか?
  • PMTC以外の相談にものってもらえますか?

お口のお悩み相談でも結構です。お問合せをお待ちしております。

診療日・診療時間

休診日
木曜、日曜


 ◆月水・土・祝
 9:00〜13:00
 14:30〜18:00


◆ 火・金
 9:00〜13:00
 15:00〜18:30
 

ご連絡先はこちら

馬見塚デンタルクリニック
〒104-0044
東京都中央区明石町8-1
聖路加ガーデン内
セントルークスタワー1階

03-3541-8110

ブログ「健康歯考」

院長の馬見塚によるブログです。お口の健康のために役立つ情報を公開しております。